日記・コラム・つぶやき

今夏からのマイブーム☆

「○○ちゃん、元気~?」
「お外ランチはしばらくお休みなん?」
「最近、ブログ更新されてないけど・・仕事忙しいのかな」

お世話になっているみなさま☆ご心配おかけしてすみませんsweat01

お気遣いのお言葉が、私の元へよく届くので
マイブームなアイテム(←もちろん“食”に関してです)でも
ご紹介していこうかなpencil

ということで、第一弾はこれ☆
<ほろよい アイスティーサワー>
Photo

アルコール3%程度で、飲みやすさが特徴のほろよいシリーズ。

“紅茶×アルコール”
ありそうでなかったんですよねheart01

店頭に並んだ当初はあまり気にも留めなかったんですが
試しに1本買って飲んでみましたpaper

「これ、ホントにお酒!?」
というくらい、アイスティーを飲んでいる感覚です。
なので、1缶飲んだくらいでは酔いませんpaper〃(笑)

‘ほろよい’
実によく考えられたネーミングですことflair

今秋、市場にも ‘紅茶×アルコール’ といった飲料が
数多く出回っています。

‘ほろよい’も含め、気になる方は一度お試しあれnotenote

【参考】
サントリーの<ほろよい アイスティーサワー>
1缶108円で購入moneybag

【ひとりごと】
9月某日、とあるリカーショップにて。
「うわっsweat01 あの人
  アイスティーサワーばっかり5本も買ってるflair
昨今、アルコールに弱い20代サラリーマンが増えている
と聞きますが・・
そんなお兄さんにもウェルカムなのかもね、これscissors

| | コメント (0)

走り初め♪踊り初め♪

「自分の思い通りに筋肉が動くって
     こんなに気持ちのいいものなの~happy02


1週間以上もレッスンお休みで、体が鈍いかな・・と思ったらsign02
信じられないくらい体が軽い、軽いupup

体って、本当に正直だね~flair

クリスマスに贅沢三昧の食事ばっかりしていたら
きっと体が重かったにちがいないsweat01
お正月をダラダラと過ごしていたら
きっと頭も体もボーッとしていたにちがいないsweat01

年末年始を自身のメンテナンス期間に充てたおかげで
自分の弱いところを強化できたことは
    実はとっても大きな収穫だったんだねshine


グルメブログ更新もいいけれど

     今年も“体が喜ぶこと最優先”でいこうnote

おいしいものをおいしく頂くためにもねhappy01scissors

| | コメント (0)

GWのしあわせな時間☆

「何なんだろう・・このしあわせ感heart04
毎週木曜日のたびに有給を使って受け続けていた
S先生のサーキットのレッスンsweat01
当分、受けられないなぁ。。。sadとあきらめていたらsign02
ナント!祝日に担当してくださったのである!

コンディションを万全に整え、
      久々に参加したS先生のレッスン☆
体がよろこぶ、よろこぶ!!
ハッピーホルモンがあふれてくるんですupup

世界レベルで活躍されているS先生のサーキットは
「75分という短い時間の中で、
   最大限にトレーニング効果を上げよう」
という主旨がひしひしと伝わってきますsweat01
正直キツイけれど、自分の体(筋肉の質)が変わっていくのが
はっきりとわかるんですよね~note

そんな貴重なレッスンを、ずっとずっと受け続けたくて
平日休みの職に就こうと
     転職活動までしていたのだけれど・・

S先生、時々でいいので、また
祝日にレッスン担当してくださいね!!
必ずかけつけますから!!

レッスンの中で耳にした
  たくさんのアドバイスを思い出しながら
地道にトレーニングを続けていこう☆
そう思っていますhappy01paper

【ひとりごと】
自炊もいいけれど・・節約も大事だけれど・・
「頑張ってる自分をほめてあげたい!」
そう思った時くらい
 “おいしいごほうび” して
あげようconfident

フードアナリストの活動を休止している様子を慮って?
社長自ら<バースデーカード>まで
          贈ってくださっていることだしmail
そろそろ飲食店の記事執筆☆
           再開しましょか~notenote

| | コメント (0)

ファイティング・シェフを観て・・

今秋ロードショーと聞いて、
3か月も前から
「絶対に観に行こう!」と決めていた作品
<ファイティング・シェフ>
現在、スカイビルの<梅田ガーデンシネマ>で上映されている
のを知って、早速観てまいりました。

<ボキューズ・ドール>というフランス料理界最高峰の
コンテストを舞台に、
各国の名だたる腕利きシェフたちが、
自らの芸術の域を越えた作品を披露し、
競い合うという映画。

映画の中では、コンテスト当日まで寸暇を惜しんで、
何度も何度も試行錯誤を重ねる姿や
試食会の中で辛らつな感想を浴びせられる場面など
日頃、食べ手としてしかない立場の私にとっては、
どのシーンも新鮮かつ現実味を覚えましたね。

「魅せるお料理でなければ高得点が得られない」
「審査員シェフが口にして瞬時に訴えるものが求められる」

など、コンテスト(競技)ならではの要素も散りばめられていて
見所満載の作品。

私がブログに綴りたかった事は、数々の舞台裏の場面ではなく
この作品を通して思いもよらない行動?に出た
自分自身(の心境)なんです。

映画を観て、「フレンチがどうしても食べたくなった」
となりそうなものですよね・・ところが、

私が足を運びたくなったのは
      フランス料理店ではなかったのです。
(←これは自分でも不思議というか意外でした。。。)

ラストのシーンに登場するんですが、私の目には
スペイン人シェフのお母さんが、
    パエリア鍋で作る鶏料理が
      たまらなくおいしそうに映ったのです。
見目麗しいフレンチが、次々とスクリーンに登場する
にもかかわらずですよ。。。

「どうしてなんだろう・・」あまりに不思議な現象に、
しばらく考えてみました。
すると少しずつ納得できる点があることに気づいたのです。

あまりに美しすぎるお料理は
   食べたいというより、眺めていたいのだ 
と。

食べてしまっては当然なくなるので、
   愛でることができなくなる。。。
当たり前ですよね)
だから‘食べる’という行為を躊躇してしまう 

‘目で楽しむ’ 
これはある意味、
   フランス料理の一番の魅力かもしれません。

一方、スペイン料理
(とくにパエリア鍋やカスエラで作る煮込み料理など)は
見て楽しむというより、
「グツグツ」という音を耳で楽しみ、
湯気にたちのぼるオリーブオイルやレモン、

トマトの香りを鼻で楽しみ、そして口にすることで
はじめて「おいしい!」と舌で楽しむ。
‘本能で楽しむ料理’なんですね。ということは

フランス料理  → 感性で味わう料理 つまり
 
‘いつまでも眺めていたい’という
            欲求を満たす料理☆
スペイン料理 → 本能で味わう料理 つまり
 ‘
食べたい’という
       欲求そのものを満たす料理☆

と言えそうですね。ま、これは私なりの結論なので、
他にもいろいろあると思いますが・・

この作品を観て、‘フランス料理とスペイン料理の
それぞれの魅力に気づかされた’
 
そんな気がします。

しばらくは上映されていると思うので、気になる方は是非
<ファイティング・シェフ>
ご覧になってみてください。
フランス料理に対する自分なりの見方や
考え方を再
認識するいい機会かもしれませんよ♪

【参考】
<梅田ガーデンシネマ>ですが、
毎週水曜は1000円で鑑賞することができます。
レディースデーではないので
男性も1000円で楽しむことができますよ♪

| | コメント (0)

がんばってる自分に新作ウェアのごほうび☆

「連休の最後の日、
  こんな満ち足りた気分で過ごせるなんて・・・shine
今日は、いつも通っているフィットネスクラブで
<エアロスター>
のイベントが行われたんですnotes
有料&定員あり&上級者対象のレッスンゆえ、参加しようか
どうしようか迷ったのですが・・・
担当は競技エアロ元世界チャンピオンのN先生と、
木曜日にいつもサーキットを担当してくださっている、
これまた世界レベルで活躍中のS先生☆
お二方とも競技の世界では知らない者はいないほど
超有名なお方
crown
そんな貴重なWイントラのレッスンが、
    日頃慣れ親しんだスタジオで受けられる☆

こんなうれしいことはありませんhappy02
1か月も前からこの日に備えてコンディションを整えてきたんです
実はpaper(←ちょっと大げさですけどねcoldsweats01

日頃のランチレビューからもおわかりのように、食事制限は
特にはしませんでしたが、
トレーニングは欠かしませんでしたconfident
大嫌いな腹筋を続けるために、
「あともう1セット、もう1セット頑張ったら
          ○○のランチしに行こう!!」
こんな風にニンジンをぶら下げながら
地味で楽しくもない腹筋を自分に課してきたんです
sweat01
驚きましたflair 体は正直ですね~confident
自分のやってきたことは、
   ちゃ~んと自分に返ってくるんですもん
upup
腹筋に限らず、筋トレって未だにしんどくて、
ちっとも楽しくないけれどbearing確実に体の中が変わっていることが
実感としてわかるんですよねflair
当然、レッスン中にハードに動いていても、なかなか
疲れてこないんですpaper〃 すると、
レッスンそのものを楽しむ余裕
(←体力的にも精神的にも)が
生まれてくるんですねnote
今日の1時間半に渡るスペシャルレッスンnotes
様々な動きが盛り込まれていてなかなか集中力を要しましたがsweat01
それ以上に楽しかった方が勝ってるかなupup
「体が全身で喜んでるぅぅぅ!happy02
レッスンが終わった今でも、
この満ち足りた気分が続いているのだから不思議です
shine

メンバー(参加者)をこんな気分にさせるレッスンを
繰り広げるN先生とS先生。
改めて指導者としてのすごさ?をも実感した
    シルバーウィーク最後の一日なのでした☆
ありゃりゃ、最後になっちゃったよcoldsweats01
タイトルにありますが、日頃頑張っている自分に、久しぶりに
新しいウェアを買ってあげました
happy01scissors
紺地にブルーの花柄を中央にあしらったトップス☆
決して派手ではないけれど、その分
トレーニングで鍛えた体がより一層映えるはずshine
トレーニングって本当に地味な行為だけど、
これからもあせらずコツコツを積み上げていこう☆☆
またこんな楽しくて中身の濃いイベント
        してくれるといいのになぁ~notenote

| | コメント (0)

そろそろお外ランチが恋しくなってきた!?

老若男女、どっちを向いてもマスク、マスク、マスク
ウイルス対策とはいえ、その光景は異様なほどsweat01


Q:「最近、ごほうびランチを堪能していないのは
  新型○○を危惧して出歩かないようにしているから?」


A:「いえいえpaper〃 出歩かないどころか雨が降ろうともrain
  夏日になろうともsunじっとしていませんよcoldsweats01


4月から本格的に再開した
<からだ作り>の成果が
ようやく表れ出して
完全に
フィットネス中心の生活になっているのであるscissors

当然、その日のレッスンやトレーニングの内容に合わせて
食事を摂るため、必然的に自炊が多くなるんですよねnote

タオル6枚分もの汗をかくため、それを補うビタミンも不可欠
毎日、煮物系からサラダに至るまで驚くほどの野菜を
摂取するんですdeliciousおかげで
主婦でもないのに、台所に立つ時間が長くなりました(笑)


「レッスン後にお店で栄養補給もできるのにrestaurant

そんな声が聞こえてきそうですねcoldsweats01

ジム帰り、荷物はサンドバックかと思うような重さになり
(←汗を吸った後は異常に重いんですよ、これがsweat01
おまけに自身はと言えば、
超ラフな手抜きスタイルdenim

こんな姿で来られては、お店の方も嫌がりますからねsweat02

筋(持久)力が完全に戻った今、これからの課題として

“ムダをそぎ落とす”という大きなテーマがあるsweat01

が、頑張りすぎて故障が出てはどうにもならないdown

ここは、うまく休養も摂りいれていかなければねhappy01

今週末はsunのすがすがしいお天気になりそうだし
久々に?お出かけランチでもしてこよっかな~heart04
忘れずにデジカメも持ってcamerahappy01scissors

|

灘にもサクラが・・・

土曜日のよく晴れた昼下がり☆山側から浜側へ
てくてく×2foot
<天天>とびっこ炒飯を堪能したあと、
県立美術館へ向けて歩いていくと・・・flair
これまた見事なサクラ並木を発見!!
Photo_7

灘駅前にこんな道があっただなんて(驚)

葉桜ではあるものの、まだまだ愛でるには十分なサクラたち
cherryblossom
お花見できるとは期待していなかっただけに
とっても得した気分になりましたhappy01scissors

Photo_9

駅前のちょっとした広場では、花びら舞う桜の木の下で
お母さんと5歳くらいの女の子がお昼タイムnote
仲良くサンドイッチをほおばっている光景が目に留まりました。
「な~んか、いいなぁ~♪」
そのうしろ姿、思わず写真撮りたくなりましたが・・・だめだめcoldsweats01
その代わりに?
花びら舞うサクラの姿をカメラに収めることにしました。
Photo_8
雲ひとつない青い空を背景に、
サクラの淡い色合いがとっても映えます♪
このアングルは深江浜で撮った桜にも芦屋で撮った桜にもない
貴重な一枚☆お気に入りの一枚になりましたconfidentheart04

さて、時間もなくなってきたので、さらに
南へと歩みを進めようとすると・・・
「えっ、灘駅って南へ出れないの!?」

そうなんです、改札口は南北にあるものの、
地下道らしきものが駅にないんです!coldsweats02
ということは西か東へ歩いて行って、
どこかでJRの線路を越えるしかないわけね。。。
西or東どっちへ行こうか・・・直感で西へ歩き始めた私。
これが大正解でhappy01scissors

線路の下をくぐった先に、これまた美しいお花が出現bud
Photo_10
<シバザクラ>
幹(というか枝?)に咲くサクラばかりではないんですねnote
恥ずかしながら初めて知りましたcoldsweats01
花びらの色もとっても鮮やかで
「主張するサクラ」と呼びたくなる感じ。
サクラのもつ控えめな感じとはちょっと異なります。

そしてもうひとつ目に留まったのが
<クルメツツジ>
Photo_11

そうか、サクラの次はツツジの出番なんですね~♪

“季節はゆっくりと、でも着実に移ろいゆく”

葉桜を見たあとにツツジを見つけて、
ふとそんな言葉が私の頭に浮かびましたconfident

そんなこんなで寄り道ばっかり?
なかなか美術館にたどり着きません(苦笑)sweat01
それでも上映時間にはちゃんと間に合ったので心配なしscissors

美術館へ行く目的だったとはいえ、
知らない町を歩くのって
やっぱり楽しいnotenote

さ~て、今度の週末はどこへ行こうかな~heart04
少々肌寒くてもいいから、
晴れのよい天気でありますようにsunsunsun

|

アーモンドの花目指して深江浜へ☆ところが・・・

「今日もいい天気~sunこんな休日はアーモンドのお花見日和note

ご機嫌で目的地までの情報をリサーチすると・・・sign02
「え~っ、うそ~ん(>_<)
   アーモンドフェスティバル、一昨日で閉園!?」

「また来年だ~ね。。。」
大抵の人は、ここであきらめるのでしょうdowndown
私?私はそうはいきませんよ(苦笑)paper

『本日の予想、最高気温11℃、快晴sun
このところ花冷えの日々が続いていたし
閉園したとて、急に花が散るわけもあるまい!
「塀の外からでもアーモンドの花は見えるはず!
よ~し、深江浜めざして行ってみよ~うhappy01scissors

交通手段としては、阪神深江からバスに乗るしかなさそうねbus
そうよね、この辺り卸売り市場fishと食品工場ばっかりだものね。
じゃあ、ランチのあと深江まで目指すとしよう♪

12:00~ランチrestaurant
14:00~深江浜のナッツ工場へbus

いい感じで深江のバス停へたどり着いたと思ったら!?
「え~っ、朝夕しかバス走ってないの!?」

タクシーcar?そんなもの乗りません(苦笑)paper
天気もいいしsun何よりてんこ盛りのパスタランチを食べたばかりcoldsweats01
「歩きたいから歩こ~っとnote

この辺りの地理に詳しい方ならさぞビックリしておられるでしょうsweat01
工場地帯へ徒歩で向かう女もめずらしいですからね(苦笑)
日頃鍛えている足腰が、こういう行動を起こさせるんですね~coldsweats01
パスタで充電完了、エンジン全開の足取りは軽~い、軽~いfoot

大型コンテナがビュンビュン走り去るわきに、ふと春を発見flair
工場地帯のこんな殺風景な歩道に、サクラの花が
咲いていたんです!
Photo_13
行き交うのは大型トラックばかりで、咲いている姿なんてきっと
気づいてもらえていないんだろうな・・・
こんなに美しく咲き誇っているのにねheart04

よ~く見ると、花とつぼみが共存している絶好のタイミング☆
思わずカメラを向けていましたcamera
Photo_15 

卸売り市場を過ぎfootホームセンターを横目に通り過ぎfoot
高速の入り口を越えfoot
宅配便の配送センター手前を曲がってと・・・
だんだん近づいてきたぞ~happy01scissors

アーモンドの庭園があるナッツ工場はもうそろそろかな?
はるか遠くを見上げるとeye
とある工場のプレハブの屋根に無数の黒い点々が・・・
「ぎゃぁぁぁぁぁぁ~!!!」

黒い点々の正体、なんと

カラスの大群だったのです!!(恐)

かなり遠くから見ていても「ん??」と思ったくらいだから
ゆうに100羽はいたと思いますsweat01
うぅ、思い出しただけでも鳥肌がたってくるぅbearing

そうか・・・この辺りは食肉加工工場もあるから
カラスにとって絶好の場所になっているのね。。。盲点だったweep


結局、庭園閉園にもめげず、バス利用不可にもめげずに来たのに
かなしいかな、
カラスごときでリタイアするハメになってしまったのです。。。トホホdown

ま、せっかくここまで来たんだし、湾岸線の風景でも眺めながら
のんびり駅に向かうことにしたのでしたconfident
Photo_16


結局、アーモンドのお花は見納めることはできなかったけれど
道中のサクラの花とつぼみを鑑賞できたので、ま、いいかnote

“サクラの花そっくり”というアーモンドの花☆
来年こそはきっと満喫したいです。もちろん開園中にねscissors
その節は、送迎バスに乗せてくださいね☆東洋ナッツさんhappy01paper

|

最近よく感じること☆

「あ、これ私の記事まねしてる!!」

ココログや食べログを通じて、魅力あるお店やオーナーさん、
シェフの姿をご紹介しているのだが、最近

明らかに私の執筆記事を読んだと思われる誌面に
よく遭遇するのである。


驚いたことに、

プロのライターさんがそれをしているのである!

取材したお店は異なるものの、同ジャンルのお店の紹介で
表現や切り口がほとんど同じ。
執筆した本人には、すぐにわかるのである。

初めは「えっ!?」と驚いたが、しばらくして思った。


「私もプロにまねされるようになったのか・・・(悦)」と。
なんとも光栄な話である。

が、それにしてもである。
記事執筆を本職にしているプロが、
こんな<ひよっこアナリスト>からヒントを得るなんて
プライドはないのだろうか・・・


おそらくネタ切れしてきたのだと思われるが、記事なんて

自分の見たもの、感じたこと、気づいたことを
自分の言葉で伝えるからこそ読者の心に響くもの。


他人の言葉をまねても、そこにはライブ感は生まれないのに。

フードライターといっても、食の分野しか精通していない様では
限界があるのだろう。
それはすでに私自身も感じるところ。
食+αがない記事は、他の記事と似たり寄ったりになってしまう。

だからこそ、2足のわらじで

食以外の引き出しを増やしているのだ。

食関連の雑誌のみならず、フリーペーパー等でもよく
私の記事から情報収集されたのだなと思われる場面に出くわすが
これからも
自分のスタイルで自分の言葉で表現していこう

そう思う。

|

送られた1枚のDVD

今日、受け取った郵便物の中に「何だろう??」と思われるものが・・・。
差出人は去年の夏、記事を書かせて頂いた
老舗の鰻店<現長>のご主人。
(記事については、バックナンバーの8月のページをご覧ください)
・ビジネス街のうなぎの寝床☆現長
・届いた1通の「閉店のご挨拶」

残念ながら昨年9月末で閉店されて

「その後はどうされてるんだろう・・・」
気になって何度か、お店の前を通ったこともあったのだけど。

封を開けてみると、中には寒中見舞いのお便りと1枚のDVDが。

Dvd

「昨年9月30日に閉店致しましたが、毎日放送TVが閉店前後から
年末の後片付けの様子を何日もかけて撮影しまして、それを昨年12月17日夕方のニュース番組【VOICE】の中で放映致しました。
この度、毎日放送から放映された【VOICE】のDVDが届きましたので、ご覧になって下さいませ」と。

番組で放送された模様をDVDにて贈って下さったのである。
放送されたことすら知らなかった私は、いてもたってもいられず
すぐさまそのDVDを拝見した。

「あぁ、懐かしいご主人のお声!」
「そうそう、私ここへ座って頂いたわ!」

番組では“秘伝のたれ”についての特集として放送されていたのだが
現長閉店に至った背景が短い放映ながらはっきりと伺い知れた。
やはり後継者問題、経営面が大きな原因だったのだ・・・。
若い方に託すこともできず、70、80を超えるお歳までよく
頑張ってこられたこと、ただただ脱帽するばかりである。

先代が戦争からも守ってくれた秘伝のたれ
これを次の代に受け継ぐことができなかったことを悔やまれていたが
でも、十分に役目は果たされたのではないか。

うなぎの産地偽装や老舗料亭の賞味期限改ざんなど
食への不信感があふれている昨今、
おいしくて“安全な”うなぎを最後まで提供してくれたのだ。


お店は失っても、“信用”は失ってなどいないはず。

猛暑の中、来る日も来る日も厨房に立ち、
朝は7時半から仕込み、夜は8時まで営業。
働き盛りのビジネスマンでもスタミナ切れになるような毎日を
ずっとずっと送ってこられたのだから
<現長>のうなぎを味わうことが出来ないのは正直さみしいけれど
これからは今までしたくても出来なかったことを楽しみ、そして
ゆっくりのんびりと自身の時間を過ごしてもらいたい・・・
改めてそう思った。

P.S フードアナリストになってまもない頃に執筆したお店の思い出☆
   頂いたDVDはいつまでも大切にしようと思う。

|