学問・資格

フードアナリスト試験で完全燃焼

“長い長い浪人生活が終わったような気分”
オーバーに聞こえるかもしれないけれどこれが今の本音。

先月の料理検定に続き、今日は
<フードアナリストの試験>に挑戦してきたのだ。
合格率20%の2級を独学で受けるという
何とも無謀な試み‥(恐)
試験会場に行ってみると『2級受験者は私だけ』
この事実が無謀さを如実に表していた。

今の自分の力を試してみたかった
というのが理由のひとつなのだ。
がしかし、この大胆な試み、覚悟はしていたが
やはり容易ではなかった。。。

仕事から帰って、早々に食事を済ませとりかかるのだが、
これがなかなか・・・sweat02
労働後は思いの外、脳が消耗しているのである。
残ったエネルギーを集中力に切り換えてとりかかるも、
そのうち睡魔が襲ってくる。。。
限られた時間、限られた予算?の中でやりくりしながら
その一方でモチベーションと集中力は保ちつつsweat01

事実、試験中に幾度となく
「これ、やったじゃない!!」
「ここ、書いたじゃない!!」
こんな場面に出くわしたのだ。
確かに理解したはずの問いなのに
肝心の答えが思い出せないのであるsweat02

人間の脳って、こうも簡単に忘れてしまうものなのか。

試験対策はなかなか思うようにはいかなかったけれど、
それでも全力投球した後の気分は不思議と晴れやかsun

来月から始まる引き継ぎまで、ちょっとゆっくりしようnote
試験対策に追われて、秋も半分終わってしまったが
残りの10月は思う存分、自分の好きなことをして
脳を解放してあげようclover

(ひとりごと)
決して楽ではなかったけれど、自分に足りないもの、
自分の弱いところがわかっただけでも大きな収穫かなconfident
4級速習、3級通信、2級独学。
すべてを経験したことも今後に生かせたら‥そう思っている。

|