« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

バゲットやサラダのお供に最適☆セルフィユのディップソース

日頃のお礼にと頂いたグルメ食材のご紹介
Photo_7

頂いたのはこちら
      <セルフィユ>ディップソース2種
Photo

ミルクジャムでも入っていそうな小瓶に詰められたそれは
  テーブルに並べるだけで、こじゃれた感がアップ
食卓がちょっぴり華やいだ感じになります

うめだ阪急に入っている店舗だそうですが、裏面を見て判明
  もともとは、軽井沢にあるお店なんですね
Photo_2
ふと、<サンクゼール>を思い出しました

ディップソース というと、
バーニャカウダのように
   野菜スティックに添えて頂くイメージ ですが
今回、私は温野菜を準備
じゃがいもやニンジン、ブロッコリー、いんげん、カリフラワー
などなど

これらの野菜は、常に塩茹でではなく
   おだしで煮て冷蔵庫にキープしてるんです
いわゆる “常備菜” ですかね

煮込み料理が素早くできる
だけでなく、
    洋食のメインの付け合わせにもなるので
とっても便利なんです

で、頂いたディップはと言いますと・・
 <オニオンガーリック>はじゃがいもに添えて
 <アボカド&オリーブ>はニンジン&ブロッコリーに
添えて頂きました

■オニオンガーリック
Photo_3
パッと見、ごまドレッシングを思わせる色合い
ガーリックの風味の後に
     チーズの風味が追いかけてきます
舌ざわりがざらついた感じがするのも
            チーズによるもの
ですね
Photo_4
‘とろ~ん’
というより
‘ぽってり’という表現がピッタリ
 なので、葉物野菜よりもスティック野菜と好相性です

■アボカド&オリーブ
Photo_5
液状ではありませんが<オニオンガーリック>に比べると
とってもクリ~ミ~ 
ほんのり緑がかっているのはアボカドによるものですね
Photo_6

酸味がしっかりしているうえ、
  黒オリーブの食感も残してあるので
      タルタルソースに似た印象を受けます
そのせいかな カキフライやエビフライとも好相性ですよ

【参考】
<セルフィユ軽井沢 阪急うめだ店>
「ベジハーブディップ オニオンガーリック」

「マヨネーズディップ アボカド&オリーブ」
頂き物なので、お値段はわかりません
大阪市北区角田町8-7 阪急梅田本店地下1階
TEL)06-6313-0172

<セルフィユ軽井沢>
長野県小諸市加増2-5-27
TEL)0120-76-8188
Photo_8

| | コメント (0)

お祝い事に贈りたい☆ゆかりせんべい

「うわ~、慶事用のゆかりって感じ

名古屋のおみやによく頂く
坂角さん<ゆかりせんべい>
Photo

いつも頂く黒い缶かんに入ったゆかりせんべいとは
               明らかにパッケージが異なります
煌びやかでどこかおめでたい印象を受けます

パッケージが異なる所以は、メーカーHPを見て判明
“名古屋限定” のゆかりだからなんですって

名古屋からの大阪訪問のおみやに
         限定品をセレクトとは
粋ですこと 
ありがたく頂きました

「うん、これこれ

相変わらず海老の風味が濃くて美味しい
Photo_3

海老をふんだんに使用したせんべいって
       塩加減しっかり系が多いんですけど
ゆかりはいたって塩控えめ ここがいいんです
Photo_2

いつぞや海老せんべいの風味を例えるのに
                     ゆかりを引用したことがありましたね。

そうです 食べログのお取り寄せコーナーで
<かっぱえびせんプレミアム>をご紹介する際です

海老といえば、
腰が曲がる=長寿の象徴
    ゆえに、おせち料理には欠かせない食材ですよね

バームクーヘンと同じような意味合いで
海老をふんだんに使って焼き上げたゆかりせんべい
結婚式の引出物にふさわしい気がします
そう思うのは私だけかな

還暦や喜寿などのお祝いにもよさげ
もちろん、贈る際は
   お祝いバージョンのパッケージで

【参考】
<坂角総本舗>「ゆかりせんべい」
頂き物なのでお値段はわかりません
愛知県東海市横須賀町三ノ割61
TEL)0562-33-5111
9:00~18:00
日曜休み。

<坂角総本舗>
愛知県東海市荒尾町甚造15-1
Photo_4

| | コメント (0)

食事パン系がおすすめ☆パネ・ポルチーニ

「あ、パネ・ポルチーニまだ開いてる

まもなく21:00になろうかという時間
デパ地下でない限り、大抵のパン屋さんは
閉まっているであろう時間帯なのに、まだ営業中の様子
しかも結構いろんなパンがまだ残っています

「先客もいないし、選びやすそう
はい、急遽寄り道して買って帰りました

購入したのは下記の2点
以前、テレビでご紹介されていて
おすすめと言っていた<塩フォカッチャ><クッペ>
Photo

■塩フォカッチャ
Photo_2
もちもち感がしっかり感じられる
 ネーミングにある「塩」いたって控えめですね
Photo_4

先般ご紹介の<VESTA>
プーリア
こちらとよく似たタイプの食卓パンです
Photo_3
プーリアがお好きな方なら
    おそらく気に入ってもらえるんじゃないかな

なので、
こちらも何もつけずに味わうのが◎

■クッペ
Photo_5
ラグビーボールのような形をしたハード系食卓パン

ハード系と言っても、バゲットのように
外側がカリカリ系
というわけではなく “噛み応えのあるもっちり”
こんな形容がふさわしい
カスクートに近い感じ この方がわかりやすいかな
Photo_6

なので
オープンサンドイッチなどの食べ方もよさげです
私なら生ハムスモークサーモンを挟んでべたいな
Photo_7

いずれもお値段はちょっとお高めですが
          お味を考慮すると妥当
ですね

次回訪問時は、スイーツ系やオードブル系のものも
試してみたいと思います

【参考】
<PANE PORCINI(パネ・ポルチーニ)>
  「塩フォカッチャ」1個206円。「クッペ」1個195円。
大阪市福島区福島5-10-22
TEL)06-6451-8001
11:00~22:00

| | コメント (0)

和菓子だけど冷やして食べよう☆誉の陣太鼓

「あ、これ熊本のおみやで有名だよね

お盆やお正月の帰省みやげに頂くことの多い<誉の陣太鼓>
Photo
旅行で熊本を訪れた際にも、
       現地でお見かけしたのを
憶えています

羊羹ではないけれど
   “小豆羹”と称したくなる和菓子なんですよね
(って・・小豆羹なんて言葉あるんでしょうか
Photo_2
大納言小豆で求肥を包み込んである
ので
中央にさしかかると、お餅の食感が楽しめるんです
Photo_5

パッケージに記載のとおり、
  名誉総裁賞、厚生大臣賞受賞 とあって
材料はいたってシンプル。
   余計なものは使っていません
Photo_4

ゆえに、大納言小豆本来の甘さが味わえます
Photo_3

<誉の陣太鼓>
と一緒に 紙ナイフが添えられているので
Photo_6
包みの上からナイフを入れて4等分していただきましょう
Photo_7
そうすると、
  大納言小豆と求肥が同時に楽しめますよ
Photo_9

【参考】
<お菓子の香梅>「誉の陣太鼓」
頂き物なのでお値段はわかりません
熊本市中央区白山1-6-31
TEL)0120-01-5081
Photo_8

| | コメント (0)

リーフパイの食感が楽しめる☆くまポチパイ

「暑くなると、
   チョコより焼菓子の差し入れが多くなるね

“溶けるといけないから・・”
       贈り手のさりげない気遣いを感じます

先日の<ファヤージュ>に続き、
           またまたおすそわけで頂いたのは
ドイツ菓子でおなじみ
        ケーニヒスクローネ焼菓子たち
Photo

■ミニバーデンバーデン
Photo_4 
タルト生地の台にチョコケーキを焼き上げたお菓子。
しおりでは “はちみつとチョコのケーキ”
ご紹介していますね
Photo_3
‘ミニ’
とあるので、
  本来のバーデンバーデンの
ハーフサイズです
Photo_2

■くまポチパイ
Photo_5
なんてかわいいネーミング
トップにスライスアーモンドを敷き詰め焼き上げたパイ。
いわゆるリーフパイの類ですね
Photo_6
サクサクとした食感
はまさに
           
リーフパイそのものです

ケーニヒスの焼菓子は、スティックタイプのものが多いので
デザートナイフ&フォークもお皿も不要
頬張ってもスマートな点がうれしいですね

【参考】
<ケーニヒスクローネ JR京都伊勢丹店>
「ミニバーデンバーデン(チョコ)」「くまポチパイ」
頂き物なのでお値段はわかりません
京都市下京区烏丸通塩小路下る東塩小路町901
TEL)075-352-1111(内線 3072)
10:00~20:00

| | コメント (0)

サクサクとした食感を楽しんで☆ファヤージュ

「へぇ~、これもモロゾフなんだ

ガラスの器に入ったプリンでおなじみの<モロゾフ>さん。
バレンタインやクリスマスシーズンには、必ずと言っていいほど
お目見えする
チョコレートも有名ですね

以前、ちゃこログでもご紹介しましたが
個人的には<グラスオショコラ>がお気に入りで
    冬よりも意外と夏によく立ち寄っている気がします

今回、おすそわけに頂いたのは焼菓子の詰め合わせ
ちょっぴり新鮮ですね
   ほんの一部ですが、ご紹介を

■ファヤージュ(アーモンド&ホワイトチョコ)と
      ファヤージュ(アーモンド&ミルクチョコ)
Photo

香ばしいスライスナッツをしきつめ
かわいい木の葉型に焼き上げたクッキーにチョコレートをサンド。
パリッとした生地の薄さも、チョコレートのほどよい甘さと分量も
おいしさを引き出すために絶妙なバランスに仕上げています。
ナッツの香ばしさと食感が際立つ、贅沢な4種類の味わいは
おもてなしや贈りものにぴったりです。
Photo_3

と、しおりにもありますように
スライスアーモンドで覆われた
        サクサク生地の薄焼きクッキー
一方はホワイトチョコを、もう一方は
  ミルクチョコをサンドした
上品で繊細なお菓子
Photo_2

クッキー部分はチュイールに近いですね
薄く、パリッカリッサクッといった形容がふさわしい

チョコは、生地より重くならない様
いたって軽め&控えめ
これが◎

このお菓子は、生地が主役ですね
なので、
 
ダージリン(ストレート)とともに楽しむのがおすすめです
Photo_4

【参考】
<モロゾフ 阪神百貨店梅田本店>
                      「ファヤージュ」
頂き物なのでお値段はわかりません
大阪市北区梅田1-13-13 阪神百貨店梅田本店地下1階
TEL)06-6345-1201

| | コメント (0)

夏は冷やして食べよう☆麻布ショコラ

先日の<ポロショコラ>に引き続き
秋冬でもないのに、ショコラ系スイーツがマイブーム
になりつつある今日この頃・・

またまたセンサーが反応してしまいました(笑)
今回、ピピッときたのがこちら麻布ショコラ>
Photo

暑くなってきたし
冷蔵庫で冷やして食べよう
はい、おひとつゲットしてまいりました
Photo_3

ネーミングといい、見た目といい
 濃厚というか、クラシックなお味を想像していましたが・・

カカオ感はあるものの、
       ビターなタイプではありません
Photo_4

バナナコンフィ
を下に敷き詰めてあることで
      フルーティな甘さが加わります
Photo_2
エスプレッソと合わせてしまうと
    コーヒーの方が勝ってしまうんじゃないかな
なので、カフェオレあたりが相性よさげ

おひとつが小ぶりなので、もうひとつ食べたいな・・
って感じですが(笑)
手土産にするには、
     このくらいがちょうどいいですね

夏にチョコはちょっと・・ という方へ☆☆
   “冷やして食べるショコラ系スイーツ”
おすすめです

【参考】
<和楽紅屋>「麻布ショコラ」1個216円。
毎度おなじみ京阪モールにて購入

<和楽紅屋>
東京都港区元麻布3-11-2
カドル麻布十番1階
TEL)03-6721-1232
11:00~19:00
不定休。

| | コメント (0)

合格とうふもいいけど揚げだし豆腐もおすすめ☆

“合格とうふ”が気になって再び訪問

おぉありました、ありました
      しかもラストの1個じゃありませんか
 その横には私の大好きな揚げだし豆腐も
これまたラスト1個の様子

「のこり福

ふと、こんな言葉が頭に浮かびまして・・
というのを言い訳に
 ストのおひとつを頂いてまいりました

■合格とうふ
Photo_12
 市販のお豆腐に比べると若干大きめ&重ため。
 食べ応えがありそうなサイズです
Photo_15
「絹ごし」というより「もめん」
のタイプ ですね。
いや、“かための絹ごし”って感じかな

なので、最初はだし醤油でシンプルに
残り半分は、さいの目にカットして
 お豆腐のサラダにして楽しみました
 
■揚げだし豆腐
Photo_13
きめの細かいお豆腐で作られた揚げだし豆腐。
 温めた後、こちらもシンプルにだし醤油のみで
ふわふわ感が楽しめます
Photo_14

煮物の具材にしてもいいですが
味付けしないで、そのまま頂くのがおすすめです

【参考】
<鳴門屋>
 「合格とうふ」1丁292円。「揚げだし豆腐」1個70円。
京都府乙訓郡大山崎町茶屋前23-32
TEL)075-956-2074
9:00~19:00
日曜休み。

| | コメント (0)

合格とうふに誘われて☆鳴門屋

「んん?合格とうふ??」
Photo_9

浪人生活、予備校生活を経験 したからでしょうか・・
“合格”という文字にすぐ反応してしまうんです(苦笑)

全然、お受験のシーズンでも何でもないのに・・
悲しいかな、いや哀しいかな

“合格”、“お豆腐”、“京都”
北野さん参拝の際に立ち寄る<とようけ>さんを
思い出だします

合格とうふの張り紙が気になりながらも歩みを進めると
偶然にも工房らしき場所にたどりつきました
Photo_11

「お豆腐が呼んでたのかな

気になって訪ねてみました

聞くところによると、工房ではありますが
     こちらでもお分けしてくれるとのこと

とは言え、すぐさま帰宅、冷蔵庫にインできるわけでは
なかったので
合格とうふは断念

というか、<合格とうふ>は常時あるわけではなく
決められた日時に限定販売されている商品
なのだとか

ならばしかたあるまい。というわけで
今回は、常温で持ち歩いてもOKな<ごま豆腐>
頂くことにしました
Photo_6

市販のごま豆腐に比べると小ぶりかな。
ちょうどつきだしで登場する小鉢に盛れるくらい
Photo_7
なので、一品足りないな・・という時に添えるとよさげ
ですね

冷蔵庫で冷やして頂いた感想ですが
 まったり感はあるものの、ごまの油脂分は軽めです
さらっと食べられる感じ
Photo_8
‘夏向けのごま豆腐’
って呼びたくなる感じです

ごまが濃厚ではないので、ほんの少しだけ
    わさびを添えていただくのもいいですね
そうすると、ビールのお供になりそうですが

今度いつ立ち寄れるかわかりませんが
次回訪問の際は
   <合格とうふ>買って帰りたいと思います
Photo_10

【参考】
<鳴門屋>「ごま豆腐」1個130円。
京都府乙訓郡大山崎町茶屋前23-32
TEL)075-956-2074
9:00~19:00
日曜休み。

| | コメント (0)

飴だけじゃない和菓子もあるんです☆榮太樓總本鋪

「カテキン・・フラボノイド・・そんなイメージだね

何を見てそう思ったのかって?
こちら 日本橋まんじゅう パッケージを目にして
Photo

緑茶あんをイメージした色使いが
     カテキンやフラボノイドを連想させたんです

新茶の季節以降、和洋問わず
  緑茶・抹茶を使用したお菓子がグンと増えましたね

抹茶フリークとしては非常に喜ばしい限り
今回、ご紹介するお菓子も然り

飴でおなじみの
榮太樓總本鋪 さんから
        販売されている<日本橋まんじゅう>
Photo_2

きめ細かな生地の中には
        濃厚な緑茶あんが
密に・・
口元へ近づけただけで緑茶のいい香りがします
Photo_3

小豆や黄味餡には感じられない、緑茶あん特有の香り。
好きだな
Photo_4

緑茶って

柑橘類とはまた違った爽やかさがありますよね
餡から感じられる緑茶がしっかりしているので
     少し薄めのお煎茶と合わせるといいですよ

【参考】
<榮太樓總本鋪>
    「日本橋まんじゅう(緑茶あん)」1個118円。
京阪モール京橋店にて購入

<榮太樓總本鋪 日本橋本店>
東京都中央区日本橋1-2-5
TEL)03-3271-7785
9:30~18:00
日曜・祝日休み。

| | コメント (0)

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »