« ほんわり瀬戸内レモンの香り☆おかやま檸檬ケーキ | トップページ | 異国情緒漂う南蛮菓☆ざびえる »

「棚からぼた餅」とはまさにこれだね☆花ぼた餅

「でかっsign03

酒まんじゅう
みたらしだんご でおなじみの
                   <喜八洲>さんpaper

十三本店の前を通り過ぎようとした際、目に飛び込んできた
箱パンパンに収まった大きな<ぼた餅>2個flair

正確には<花ぼた餅>と称するそうでhappy01paper

ぼた餅って“棚からぼた餅”のあの
“ぼた餅”よね?

ひとり頭の中でこんなことを思いながら眺めていると
 だんだん購入意欲が沸いてきてお買い上げ~notenote
Photo

“棚からぼた餅”

ここで言う “ぼた餅”って、(労せずして手に入った)
お得なもの、
ラッキーなもの例えでしょ?

購入して提げている時点で、すでに気分がいいupup
(って・・実際は、代価を支払って手に入れてるんですけど 笑)

スキップしながら(心の中だけで)帰宅note
             早速、そば茶とともに頂きましたpaper
Photo_3

粒を残した餡に、これまた粒を適度に残したもち米。
大きいだけでなく、「噛む」という意味でも
                 食べ応えがありますdelicious

Photo_2
大きいですが、
 甘さ控えめにしてある様でペロリと完食ですhappy01scissors

2個入りのぼた餅の1個を食べ終えた頃、ふとまた
私の頭をよぎった事柄が・・

「おはぎとぼた餅ってどう違うの??」

先日、<あづき工房>おはぎを食べたばかりcoldsweats01

そして今日、<喜八洲>ぼた餅 を口にして
こんな素朴な疑問がわいてきたのでした(笑)

店頭には ぼた餅 とは別に おはぎ も売っていたので
次回来店時、お店の方に直接聞いてみることにしましょうpaper

【参考】
<喜八洲総本舗>「花ぼた餅」2個入り330円。
※花ぼた餅は3個入り、6個入りもありますpaper
大阪市淀川区十三本町1-4-2
TEL)06-6301-0001
8:00~23:00(日・祝は~22:00)
年中無休。

|

« ほんわり瀬戸内レモンの香り☆おかやま檸檬ケーキ | トップページ | 異国情緒漂う南蛮菓☆ざびえる »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。